So-net無料ブログ作成

顔汗用・制汗ジェル

-| 2016年07月 |2016年08月 ブログトップ
前の3件 | -

足裏の汗を止める [夏 汗 止める]

 元々手や足は汗をかきやすい部分なんだそうですが、足の場合は汗をかきやすい上に、靴で覆われていることが多いため、汗で蒸れて雑菌が発生しやすく、臭ったり、水虫になりやすいそうです。手のようにタオルですぐに拭くというのも難しいですものね。

 それに夏場だけでなく、冬場でも、内側にボアがついた暖かい靴を履いたり、ブーツを履いたりと、蒸れやすいので注意が必要です。

 そんな足裏の汗を止めるために、制汗剤やツボなど、色々な方法が紹介されているようですが、ちょっと意外なのが、足を温めるという方法もあるそうなんです。逆効果のような気もしますが、足が冷えてしまうと交感神経が働いて自律神経バランスが崩れるため、汗をかきやすくなるんですって。

 ウォーキングや足裏マッサージなどで、足の血行をよくすると足裏の汗を抑える効果があるみたいですよ。何か不思議な感じがしますが、特に準備する必要もないので、一度やってみようかなぁ。



タグ: 足裏 制汗剤
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

汗 止める 薬 [汗 止める 薬]

 汗を止めるための薬にはどんなものがあるのかを調べてみました。まず、制汗といえばこれというぐらい有名なのが塩化アルミニウムなんだそうです。これは汗腺を塞いで物理的に発汗を止めてしまう薬のようです。ただし、汗が出にくくなるということは、体内の毒素も排出されにくくなってしまうので、あまり使いすぎはよくないそうです。
 それに水分と反応して塩酸を生成するので、肌の弱い方だとかぶれたり、ピリピリと痛みを感じる場合もあるそうですよ。

 次は、プロバンテリン臭化物というのがあるんですって。これはアセチルコリンの分泌を抑えることで汗を抑えるんだそうです。アセチルコリンは汗腺を刺激して、汗を出させる作用がある物質なんだそうです。ただし、飲み薬になるので副作用がちょっと怖いですね。それに緑内障、排尿障害、心疾患などを患っている方は使用できないそうです。

 最後は、グランダキシンという薬だそうです。これには自律神経を整える働きがあるんですって。女性ホルモンの投与以外で交感神経と副交感神経のバランスを取る薬と言われると、かなり危険なような気がします。もしかしたら、リラックスするために精神安定剤に近い働きがあるのかもしれませんね。

 どの薬を使う場合においても、その薬の特性を十分に理解した上で、きちんと使うことが重要なんですね。



タグ: 止める
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

鼻 汗 止める [鼻 汗 止める]

 鼻の汗は特に厄介ですよね。顔の中では一番高い部分だから目立ってしまうし、女性の場合だと化粧崩れも気になるところです。
 それに、顔には汗はかかないのに、鼻にだけは汗をかくという場合で、鼻の頭が赤くなっているようなら、心臓病の疑いがあるんですって。これは怖いですね。もし心当たりがあるなら、すぐに病院へ行った方がいいみたいですよ。

 あと、鼻の下にかく場合もあるようですね。ラーメンとか熱い麺類を食べた時に、水滴がつくことがあるのですが、蒸気のせいかと思っていましたが、もしかしたら鼻の下に汗をかいていたのかもしれないなぁ。

 止め方としては、基本的には普通の顔汗と同じだと思いますので、首筋を冷やしたり、ツボを押したり、顔汗用の制汗剤などを使えばいいみたいですね。




タグ: 止める
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の3件 | -
-|2016年07月 |2016年08月 ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。