So-net無料ブログ作成

顔汗用・制汗ジェル

みょうばん風呂 [頭 汗 止める]

 民間療法になりますが、みょうばんを使って汗の臭いを抑えることができるんですって。

 みょうばん水溶液を作ったら、それをお風呂に入れてみょうばん風呂にして、それに浸かるだけなんだそうですよ。実はこの方法は江戸時代から、きれい好きだった江戸の人々の間で実行されていたそうなんです。

 作り方はとても簡単で、みょうばん50gを水1.5Lに溶かしてみょうばん水溶液を作ったら、そのみょうばん水溶液30ccを浴槽に入れるだけなんですって。これは簡単ですね。それにこれなら頭の汗にも使えそうです。

 江戸時代から受け継がれている方法ですし、古からの知恵ってばかにできないところがあるから、意外と効くのかもしれないなぁ。






AHCセンシティブ [汗 止める 薬]

 AHCというスイス製の制汗剤があるんですって。スイスってアルプスのイメージがあって、そんなに暑い国という感じはしないので、スイス製の制汗剤ってちょっと不思議だったのですが、どうやらスイスは製薬産業が非常に発達しているという背景があるようですね。

 ということはスイス製の制汗剤ならとても安全なのかなぁとも思いますが、これって基本的には、体臭レベルが日本人よりのきつい欧州の人が使うものですよね。ということは、日本人にはきつすぎるんじゃないかな?

 パッケージにも「効果が数日持続します」とか「全身に塗ると体温調節に支障が出る」と書いてあるみたいなので、相当強い薬だと推測できますね。

 多汗症とかわきがの人にはちょうどいいのかもしれませんが、一般的なレベルの日本人には強すぎるかもしれないので、使用される時は注意が必要みたいですよ。


【驚きの制汗力で大人気!】 AHCセンシティブ30ml(脇、からだの汗、ワキガに) お肌が敏感な方向け用(一番人気!)




汗を止める食べ物 [脇 汗 止める]

 唐辛子など辛い食べ物には発汗を促進する作用があるのであれば、ひょっとしたら発汗を抑制する食べ物というのもあるんじゃない?

 そう思って、ネットで調べてみたところ、やはり汗をかきにくくする食べ物があるそうです。もちろん、すでにかいている汗をピタッと止める食べ物ではないみたいですけどね。

 まずはハーブ類がいいそうですよ。ハーブ類にはリラックス効果があるので、ハーブティーなどで緊張を解き、副交感神経を優位にしてくれるんですって。そうすると自律神経のバランスがとれて、汗をかきにくくするみたいです。

 自律神経を整えるといえば、女性ホルモンの1つであるエストロゲンという物質が有効だそうなので、それに似た作用のある、大葉、もやし、アボカドなどを摂取することもいいみたいですね。

 さらにクールベジタブルという、体を冷やす作用がある野菜も有効なんですって。体を冷やすという、より直接的な方法だと言えますね。クールベジタブルに該当するのは夏野菜が多いみたいで、きゅうり、ナス、トマト、ゴーヤなどになるんですって。暑い夏の野菜に体を冷やす効果があるなんて素晴らしいですね。

 食べ物で汗を抑えたければ、辛い食品を避けながら、これらの食品を積極的に摂るようにするといいんじゃないかな。




SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。